都の税金は不信用貸し?

豊洲市場の問題に続き、東京オリンピックで使用される予算が当初よりも大幅に膨れ上がっているとして問題になっています。これにともない小池都知事は予算の見直しや会場の変更を検討していますが、もはや誘致していたころにプレゼンテーションで語っていた「東京オリンピック」とは大きく異なってしまいました。

水泳の会場である「オリンピック・アクアティクスセンター」の建設がようやく決定し、バレーボールの会場である有明アリーナは未だ予算の都合上、建設するかどうか決まっていません。東京都の財布の仕組みがどうなっているのかは分かりませんが、もう少し買い物上手な人はいないものかと心配になります。

本当は家計簿をしっかりとつけられる財布のひもが固い主婦のような買い方ができる人ならよいのですが、小池知事がそうであることを願うばかりです。都の税金は自由に使っていいお金ではありません。公共のサービスなど都民のために使われるべきお金です。信用貸しという言い方もできそうですが、最近の報道を見る限りではとても「信用」という言葉はつけられません。

 

大手銀行系は厳しい

大手銀行系のカードローンというのは、審査が厳しくなってしまうのです。これはそんなにリスクを負いたくない、ということがあるからです。

しかし、世の中にはいくらでも、想像以上に審査の甘い消費者金融があります。書面で契約を交わすこと、という部分においては違いはないのですが、とにかく消費者金融はとても借りやすいのでお勧めできます。大手銀行系よりは遥かに借りやすいことは確かであるといえるでしょう。借りるときには金融系の知識がある人と話すとよいでしょう。

キャッシングなどはともかくとして、目的ローンや老後の年金生活に関することなどの相談もできます。ファイナンシャルプランナーとか企業年金総合プランナーという人たちがいますから、そうした人たちと話をするとよいでしょう。そうした人たちからどこで借りるほうがよいのか、ということを相談できるようになります。無料相談http://www.katemiddletontopless.org/ができるところもありますから、よく知っておきましょう。

 

支払い力をチェックする時に求められる番号

何か事情があって、テストしたいと思うケースがしばしばあります。なぜなら、代金の回収などに関する問題があるからです。事業を営む方々としては、やはり資金回収は非常に大別なポイントです。売上数字などの事情があるからです。そういう時には、信用調査などがよく活用されます。相手の支払い能力が高いかどうかが分かれば、少なくとも未払に関するリスクを減らす事ができるでしょう。

調査を行うとなると、所定番号が求められる事があります。番号がなければ、難しいケースもある訳です。考え方としては、金融システムに似ています。ATMにて何か操作を行う時には、たいていは番号入力が必要になるでしょう。いわゆる暗証番号なども、その1つになります。それで調査を行う際にも、そういう番号は求められる訳です。

理由ですが、もちろん秘密を守ることです。大事な情報が外に漏れてしまえば、色々大変な事になりますから、安全の意味で番号を入力を求めるわけです。