ノンバンク系というのは

ノンバンク系というのを聞いたことがあるでしょう。これは要するに預金業務などをしていない金融関係の商売のことをいいます。貸金業ではあるのですがお金を預かったりはしないのです。

ですから、資金力にやや難がある経営をしていることもありますが、それでも消費者金融などは一時期、物凄く隆盛したことがあります。

参考までにデータを見て見ますと2000年代あたりから一気に売上を伸ばしていることがわかります。テレビでもコマーシャルをどんどん打つような状態になり、まさに絶頂期だったのですが、過払い金、グレーゾーン金利などの問題によって一気に凋落したのです。

そうしたことがノンバンクではあったのです。しかし、今では銀行系、つまりはバンク系と提携をする、或いは傘下に入ることによって持ち直した、ということもあります。現状はそこまで危惧するようなことはなくなっています。金融業としてキチンと経営されているところが殆どになっています。

 

消費者金融のノーローンの特徴

ノーローンは新生銀行の子会社のシンキ株式会社が運営するキャッシングサービスですが、ジャンルとしては銀行のカードローンではなくて消費者金融になります。そのため即日融資に対応しているので金欠状態になった時でもラクにお金を借りる事が出来ます。

消費者金融のアコムやプロミスは初めて利用する人を対象に30日間無利息になるサービスを提供していますが、ノーローンの場合は初めて利用する人だけではなくすでに何度か利用した事がある人でも最初の1週間だけ無利息になります。

そのため融資額が少ない人で1週間以内に返済してしまえば無利息にする事が出来てしまいます。そのため完済後の満足感も出てくるので利用者にとってはメリットに感じる事が多いです。

ノーローンは楽天銀行http://www.kellyhensen.com/の口座を持っていると借入や返済がリアルタイムでする事が出来ます。もちろん24時間いつでも可能で手数料も無料なのでカーローンに充てたりするのにもすごく便利です。

そのためノーローンを利用する時は楽天銀行の口座を開設しておくといいでしょう。

 

借りれる会社の選択肢が狭くなるブラック

何か大事な物品を購入しようと考える事も、たまにあります。車内にて、それに気が付く事もあるでしょう。一番大切なカー用品が購入されるケースも、たまにあります。そういう局面で資金不足な時には、融資を受けるケースも多々あるのです。実際それで助かる事例は、確かに多いです。

しかし気をつけるべき点があって、やはりブラックになる事を避ける事は大切でしょう。一旦その属性になってしまうと、確かに借りるのは難しくなる傾向があります。厳密に言えば、借りる事が不可能になる訳ではありません。銀行から借りるとなると、著しく難しい事だけは確かです。しかし中小規模の賃金業者なら、借りれるケースもたまにありますから、不可能ではないのです。

しかし選択肢が狭くなってしまう事だけは間違いありません。中小規模の業者という、限られた候補に限定されるからです。したがってブラック属性にならないよう、普段からスケジュールを組み立てる事が大切と言えます。

都の税金は不信用貸し?

豊洲市場の問題に続き、東京オリンピックで使用される予算が当初よりも大幅に膨れ上がっているとして問題になっています。これにともない小池都知事は予算の見直しや会場の変更を検討していますが、もはや誘致していたころにプレゼンテーションで語っていた「東京オリンピック」とは大きく異なってしまいました。

水泳の会場である「オリンピック・アクアティクスセンター」の建設がようやく決定し、バレーボールの会場である有明アリーナは未だ予算の都合上、建設するかどうか決まっていません。東京都の財布の仕組みがどうなっているのかは分かりませんが、もう少し買い物上手な人はいないものかと心配になります。

本当は家計簿をしっかりとつけられる財布のひもが固い主婦のような買い方ができる人ならよいのですが、小池知事がそうであることを願うばかりです。都の税金は自由に使っていいお金ではありません。公共のサービスなど都民のために使われるべきお金です。信用貸しという言い方もできそうですが、最近の報道を見る限りではとても「信用」という言葉はつけられません。

 

大手銀行系は厳しい

大手銀行系のカードローンというのは、審査が厳しくなってしまうのです。これはそんなにリスクを負いたくない、ということがあるからです。

しかし、世の中にはいくらでも、想像以上に審査の甘い消費者金融があります。書面で契約を交わすこと、という部分においては違いはないのですが、とにかく消費者金融はとても借りやすいのでお勧めできます。大手銀行系よりは遥かに借りやすいことは確かであるといえるでしょう。借りるときには金融系の知識がある人と話すとよいでしょう。

キャッシングなどはともかくとして、目的ローンや老後の年金生活に関することなどの相談もできます。ファイナンシャルプランナーとか企業年金総合プランナーという人たちがいますから、そうした人たちと話をするとよいでしょう。そうした人たちからどこで借りるほうがよいのか、ということを相談できるようになります。無料相談ができるところもありますから、よく知っておきましょう。

 

支払い力をチェックする時に求められる番号

何か事情があって、テストしたいと思うケースがしばしばあります。なぜなら、代金の回収などに関する問題があるからです。事業を営む方々としては、やはり資金回収は非常に大別なポイントです。売上数字などの事情があるからです。そういう時には、信用調査などがよく活用されます。相手の支払い能力が高いかどうかが分かれば、少なくとも未払に関するリスクを減らす事ができるでしょう。

調査を行うとなると、所定番号が求められる事があります。番号がなければ、難しいケースもある訳です。考え方としては、金融システムに似ています。ATMにて何か操作を行う時には、たいていは番号入力が必要になるでしょう。いわゆる暗証番号なども、その1つになります。それで調査を行う際にも、そういう番号は求められる訳です。

理由ですが、もちろん秘密を守ることです。大事な情報が外に漏れてしまえば、色々大変な事になりますから、安全の意味で番号を入力を求めるわけです。